性虐待と闘う、矢川冬の場合

50年前の実父からの性虐待サバイバーです。社会福祉士。女性を従属的に扱う古い結婚制度反対。天涯孤独を選択。「もう、沈黙はしない‥性虐待トラウマを超えて」出版。戸籍名変更審判へのアドバイス。女性シェルター「ほーむ」運営。同じような人に出会いたくてブログを始めました。

2021年の抱負、ブログを始めてから1月22日で丸3年。

f:id:yagawafuyu:20210111121438j:plain

2021年をどんな年にしたいか、考えた

 

 目標

1、ブログを月に2回以上更新する(できれば)。

2、性教育、性差別、性犯罪について、さらにさらに啓発させてもらい、世の中の人々に正しい知識を持ってもらう。

3、シェルターとシェアハウスを整備し、実際に利用してもらう。

(※ただし、新型コロナウイルスの感染を防ぐために、シェルターもシェアハウスも利用できる人数は、1名に制限しないといけないけど。そしてそのうちの1名は私が占領している。('_'))

4、若い被害者の人たちに、勇気と自尊心と信頼を取り戻してもらう活動を続ける。

 

 

 

 

さっそく目標1の「ブログの更新」をします

来たる1月22日で、はてなブログを始めてから丸3年になります。なぜはてなブログにしたのかは、1年前のブログに書きました。

 

yagawafuyu.hatenablog.com

 

 

熱しやすく冷めやすい私にしては、3年間も欠かさず書けたのはコメントやブックマークをしてくださる皆様のおかげです。とっても励みになりました。そして、はてなブログの記事は深い考察をなさる方が多く、自分が書けない時も他のブロガーの方の記事を読むのが楽しみでした。

だから、続けられました。みなさま、(人''▽`)ありがとう☆

 

 

 

 

 

そして、わたしには訴えたいことがある。だから、書き続けます。

ツイッターで時々見かける痛ましい報告。集団で性暴力を受けた女性が数日後に自殺してしまった。また、1月10日のyahoo記事に19歳の女性を、可愛いからという理由で路上で体当たりして押し倒した29歳の男の記事が載っていた。

 

どれだけ怖かったか。その女性が立ち直るには、残りの人生で繰り返されるトラウマのフラッシュに無限ともいえる時間、晒されなければならないだろう。

 

 

性暴力を受けたのはついていった女性が悪いという論調が、氷の剣のように被害者を突き刺す。

 

 

人を常に疑いの目で見ていない女性が悪いのでしょうか?

 

 

私は性虐待を受けて以来、人間不信の時期が長く続きました。それでも、性被害はふいにやってきました。10代から20代の間は無数に。

 

 

60代になっても解離してしまうことがあり、そういう時に町内のオヤジに突然手首をつかまれ引っ張られたこともありました。日常的に男性不信で用意周到に身構えていてもなお、性被害はいとも簡単に発生しました。

 

 

 

これは、する側の無自覚の問題ではないと思うようになりました。

 

 

 

性被害は性暴力をする側の問題だと考えたときに、幼い頃からの私の人生の生きにくさの謎が解けたように思います。

 

 

自分がいくら気をつけていても、やる側は追いかけてでもやるのです。無自覚だから悪気はなかったと弁明さえできてしまう。無自覚だから。

 

 

 

こんな愚劣な社会は変えなければならない。

 

 

 

今年もがんばります。次回のブログは「性教育」がテーマです。

 

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村

 

新しくバナーを入れて見ました。よければポチッとお願いします。

↓ 


児童虐待・幼児虐待ランキング

木星と土星が400年ぶりに最接近した時間ぴったりに、地球上にいた私は車の事故を起こした。

12月21日18時40分に、地球と木星は、サターンの星である土星の影響を受けていた

f:id:yagawafuyu:20201224220653j:plain

 

木星土星は1563年8月26日に最接近した後、1623年にも接近したらしいがその時は太陽側にあって地球からは見えなかったそう。2020年12月21日、しかも私が事故った18時40分には約400年ぶりに大接近、並んだ木星土星を見ようと各地で天体観測がされていたそうだ。私はまったく知らなかったが。

 

 木星土星の影響なのか???

その日は一日中落ち着かなかった。気分がざわざわと浮いてじっとしていられない。

 

悪徳不動産屋との契約を打ち切り、キーボックスを送り返すために郵便局で370円のレターパックを買いそれに入れて窓口に出した。(不動産の件は次のブログにまとめます)

3センチのスケールを何度も通して、入りますねと中年女性の郵便局員が受け付けたのに、外に出た私を男の郵便局員が追いかけてきた。ちょっとこれ3センチより厚いのでこれでは出せません、と言う。

だけどこの同じレターパックで不動産屋が郵送してきたのだから使えるはずでしょ、と不動産屋が送って来たレターパックを見せる。

いや、でも厚いので。

さっき何度もスケールを通してたから、大丈夫でしょ。それに、これで送ってきたのよ。

そうですか、通してましたか。人によって違うので。

では今回はこれで良いということにします。

 

(ムカー!!  なに、その恩着せがましい言い方は!!!)

それに、同じ郵便物の値段が人によって変わるのはおかしいじゃない?

 

私はとっさに思った。この男の郵便局員はあの中年女性の職員を苛めてるんではないか。なんとかして仕事のミスを探したいんじゃないか、と。

 

悪徳不動産屋に自腹でキーボックスを送り返してやるだけでもむかついている。

(着払いにしなかったのは悪徳不動産屋が最初に菓子折りを持ってきて受け取ってしまったから、返す意味で)

それなのに、料金が足りないなどといちゃもんをつけられ、

 

イライラしながら引っ越し後に初めての道を、初めて行くスーパーへ車で向かった。最初の店はなんとか車を停め買い物をし、表通りに出ることができた。

 

次は同じ系列の店だが、私が欲しいケーキ屋が入っていたのだ。そしてさっきと同じように表通りから店の敷地に入った。

 

f:id:yagawafuyu:20201224221703p:plain

グワッシャン!!!

 

車が何かをかすめたような気がして少し後退させて降りてみたら、左のライトの周りのボディが50センチ四方でめくりあがり、下側はタイヤの奥へかんでしまっている。店の車止めにぶつかったらしい。

大通りに面したその入り口は車用ではなく、車は裏の細い道をくねくね入っていくのだとその時聞いた。通りに面した他の店はみな大通りから入るようになっていて、てっきりそこが入り口だと思ってしまった。後で思えばPのマークもマークもなかったのだ。

 

 

 

ゲー、、、車大破!

 

仕事が終わって帰宅しようとしていた女性店員が大丈夫ですか?と声をかけてくれた。

人はこういう時平静を装おうとするが、私も冷静さを失うまいと笑顔を見せた(心臓はバクバク、手足が震えていたが)。回りには徐々に人が集まりだし皆足を止めて眉根にしわを寄せて見守っている。

こらあ、見てんじゃねえよ、と思うがこちらは見世物になるしかない立場、じっとこらえる。

仏頂面をしたスーパーの店長も出てきて、警察に電話して!と、私に怒鳴ると店に戻っていった。この人仕事を楽しめていないなあという雰囲気だ。あとで挨拶にいったが、まともな返事がなかった。この系列の店はポイントカードが有料なので私は利用していなかった。こんな店長だからか、店全体が薄暗い。

 

110番に電話するとバイクに乗った警官が二人すぐに来た。住所などの事情聴取。車検証と免許証を出す。1週間前に軽自動車検査協会に行って住所変更したばかりだった。変更しておいて良かった。

 

次に任意保険を契約している保険会社だ。保険証の電話番号の字が細かすぎて老眼の眼では判読不可能。最初からそばにいた親切な女性店員さんとさらに助っ人でいた女性に読み上げてもらい電話。

帰らなくていいんですか?

いいの、いいの。

優しい女性たちに私はいつも助けられてきた。

 

レッカー車を手配して到着までに30分。その間に最初の二人の警官は別件で去り、後から来た警官一人が残っていたので、よもやま話をして時間を潰した。周りを囲んでいた人々もほぼ立ち去り寒さがつのる。

レッカー車のおじさんは慣れた動作でめり込んだプラスチックをぐにょりと直しガムテープを貼った。最近の安い車はボディがプラスチックで中に発砲スチロールが入っているらしい。転がり出た梱包材のような白い発砲スチロールには驚いた。私の安い車ってオモチャみたいだ。これでは鉄の柵に負けるわ。

 

わずか10分で手早く作業は終わり、 

牽引車に接続された愛車がハザードを点滅させながら引かれていく後ろ姿に漂う哀愁。今まで車に愛着などなかったのだが、その時車が泣きながら引かれていくように感じられたよ。(ノД`)・゜・。痛かったね、ごめんねと手を振った。

 

 

帰宅の為に1回だけタクシーが使えるというのでハイヤーの番号を店に聞いて自分で呼ぶ。タクシーを使うのは多分30年ぶりくらいか。高いからね。

タクシーはすぐに来た。自損事故で帰れなくなったと話すと、運転手は自分も事故ったことがあるが、そのくらいの破損だと20万くらいかかるかもしれない、怪我がなくて良かったですね。

またお願いしますと言って降りる。

 

修理工場は混んでいるらしい。警官の話だと年末のこの時期は事故が多いとのこと。修理が終わるのは来年の正月が明けてかららしい。

 

修理代の相見積もりを3、4件出したら、損保会社が指定した修理工場が一番安くて17万5000円だった。あ~、痛い出費。後悔しても過去には戻れないから覚悟を決めた。今まで以上に節約すればいいんだ。

 

今日、クリスマスイブ、

代車を用意してもらい初めての車をびくびく運転し、縦列駐車しかできない狭いシェルターの駐車場に入れた。擦らずよかった。これで、年を挟んで代車を使うことになってしまった。

今年の正月はひたすら静かに過ごそう。来年の正月こそは家に帰れない子などを呼んでにぎやかに過ごしたいなあ。

 

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

自宅マンションのリフォームと販売、難航中 <リフォーム・ハウスクリーニング編>

天涯孤独の私は、死ぬときに財産を0にして死にたい

 

40年働いて、中古マンションと小さい中古住宅を手に入れた。これからは終活として財産を処分していくシーンに入ったのだ。

 

が、買うのは簡単だが、処分するのはかなり大変なことになっている。人と出会うのは簡単なのに、いざ別れるとなるともめるのと似ている。

 

f:id:yagawafuyu:20201130135546j:plain

 

リフォームを安く上げる方法

それはできる限り自分で頭と体を動かすに尽きる。安い材料を比較検討し、施工方法を勉強し材料を注文し、できるなら施工の最後まで自分でやる。素人に難しい場合は、できる限り安く良心的にしてくれる業者を相見積もりをかけて何日も探す。

 

その繰り返しで、3か月が経過しているが、まだ終わらない。

 

途中で何度も投げ出したくなった。泣きそうになりやけになりながら諦められない。

 そして、いったんリフォームを始めたら辛い中にも面白くなって、どんどんやって、気づけばフルリノベーション状態になっていた。

 

 

リフォームは、備品を自分で安く買いそろえ、施工だけを依頼する形にした

業者に頼んだもの→

①普通のトイレを新品ウオッシュレットトイレに。¥100300

②いまだにバランス釜だが、釜は10年前に交換しているから浴槽だけ新品に。

浴槽¥20800、工賃¥35000

③キッチンの換気扇とトイレの換気扇を新品に。トイレ内にウオッシュレット用コンセント増設。換気扇×2¥11100。工賃¥30000

          ※この業者さんはめっけものだった。他に垂れ下がっている電線

           をサービスで天井につけ直してくれた。リピートを約束。

 ④畳・襖を新品に。畳6畳表替え、襖3枚裏表張り直し。¥37510

⑤窓ガラス2枚を新品に。¥39800  ※マンションは消防法で鉄線が入っているガラスしか使えないので割高。しかも私の古いマンションのは今ほとんどないタイプ。太陽熱により鉄とガラスの膨 張差が原因で同じところが割れる。戸車も劣化していたので交換。

          ※最初ネットで業者を探した。○○本舗とか、○○お助けとかは

           加盟している業者を紹介するだけのサイト。そして、そこから

           来た業者は90000円を要求してきた。即刻お帰り頂いた。昔同

           じところを修理してもらった近所のガラス屋を探して連絡した

           らまだ営業していた。おじいさんも夫も亡くし、妻が一人で

           経営しているそう。

                                        私のマンションに使っている古いタイプのガラスが店に1枚だ

           け残っていたのは、奇蹟としか思えなかった。

           作業後、気持ちばかりのお礼の品を渡した。

 

自分でやったもの→

①ガステーブルを新品に交換。¥15672

         ※買ったガステーブルを階段で4階まで持ち上げ設置した。10

          キロくらいだったので5歩進んでいったん下ろすを繰り返した。

          古いガステーブルは販売店で引き取ってくれるから、それも階

          段を下ろし車で販売店に運んだ。

②クロス張り。これがしんどい。キッチンは壁だけで92cm幅のクロスが20m、廊下と洗面所に20m必要だった。シール式は軽くて張りつけも楽だが、値段が高い。うまく安売りを見つけたがそれでは足りないので、生のり付きも使った。これはべと

べとして気持ち悪いし重たい。大きな壁1面には2m20cmを2~3枚使う。ドアの上部が丸く形作られているのが気に入っていたが、壁紙を張るとなると丸く切るのが苦痛。

持ち上げるのも大変、それを脚立に登り両端を壁に押しつける。ブラシでこすりつけるとある程度くっつく。生のりタイプの良いところは、ぬるぬる動くので調整がしやすいところと値段が安いところ。シール式と合計41mで¥17600で済んだ。

         ※ これを業者に頼むと6畳の部屋の壁で、60000円くらいするそう

          なので、計120000円くらいかかったかもしれない。

コンセントは、外して後ではめる。黄ばんでいたのでコンセントカバーを交換。

豆知識:クロスにはいろいろ種類があるが、私が使ったのはシール式と前の壁紙をはがさずに張れるタイプの生のり付き。初心者にはこのどちらかが良い。

 

 ③砂壁の割れているところ3か所。壁用のパテを詰めペンキと水彩絵の具で色付けし京壁材をパラパラくっ付けたがどうしても同じ色にならない。諦めた。

 ④ベランダのパーテーション、これは本来共用部分として管理組合が施工するものだが、あまりにもボロボロと魚の鱗みたいになって汚らしいので、自分で水性の多用途白ペンキで2枚分塗った。見に来た人はこれだけで買う気が失せる代物だったからしかたがない。

 ⑤自分で購入したペンキや材料や道具類、しめて¥20000

 

                                                           リフォーム費用合計:¥310182

 

 

f:id:yagawafuyu:20201130135805j:plain

 

ハウスクリーニングは洗剤など購入して全部自分で行った        

※おバカで計画性の欠如している私は、はじめリフォームなしで売ろうとしていた。汚れたままのマンションを買う客は安~い値段しか言わない。まあ、当たり前だ。(のクラッカー)。ケケケ、この昭和ギャク分かったあなたはお友達♪

 

そこで、途中からリフォームありで売却に変更したのだが、リフォームなしで売る気満々だったので、その時はすでに電気、水道は解約してしまっていた。

だから、クリーニングに水や電気は極力使わないように、4リットルのペットボトルで水を運び上げるはめになった。劣悪な労働環境だ。夜はLEDランプを5個、1個はヘッドランプをつけて(これが思いのほか便利、自分が行く先々がいつも明るく照らされる、なかなか良い)

 

 ①シンクの戸だななどは、荷物を運び出した直後に水洗いして日光消毒していた。

 ②27年間ほぼ手つかずの掃きだし窓のサッシの汚れも引っ越し直後に水洗いしていた。黒い水と固まった綿ぼこりが出るわ出るわ。

 

※いやはや、その程度のクリーニングで売ろうとしていた私が愚かだった。誰も買わんわ。これ以降は反省した私が猛烈に働きだす。体中に乳酸が溜まってジンジンする。

  

 ③手始めに、13畳くらいのフローリング洗いとワックスがけ。27年間ほったらかしにしていたキッチン床は普段からべとべとがスリッパの底につくくらい汚れていたが、見ないことにしていた。セスキの炭酸ソーダ液を作り撒いて金たわしで黒ずんだ油汚れを軽く擦ると面白いように取れた。フローリングに傷はつかなかった。水拭きし、乾拭きし乾かし、ワックスは別日にシート型でかけた。新品の床のようにピカピカになった。セスキ炭酸ソーダ、絶対お勧め!

 ④掃きだし窓の近くは長年の雨で木がガサガサにけば立っている。フローリング用水性ニスを塗ってヤスリをかける。乾くまで24時間、それを2回繰り返し最後にワックス。まあ、目立たない程度に回復した。

 ⑤浴槽をどかしてみたら、オエッとなる光景。こびりついた石鹸カスや髪の毛をヘラでこそぎ落とし、中性洗剤をかけてブラシで擦る。ペットボトル8本分の水を消費したが、ピカピカに。 

 ⑥途中で交換を決意したガステーブルをどけてみたら、焦げた食材のかけらがさびとともにこんもり引っ付いている。お好み焼き用の金属ヘラでこそぎ落とし、液体クレンザーと金たわしでタイルの壁とともに磨く。それを見ていた換気扇の業者にきれいになるもんだなあ、とほめられた。 

 ⑦さんの上にも積年の綿埃がわんさか、ブラシで払う。柱という柱をセスキ炭酸ソーダのシートタイプで拭きまくる。18年前まで吸っていた煙草のヤニでシートはまっ茶色に。後日、水性ペンキでコーティング。天井に作り付けの電灯のカバーは上のほうが真っ黒、それもセスキ炭酸ソーダで。

 ⑧大変なのはベランダ。黒くこびりついている得体のしれない汚れは、液体クレンザーを撒いて金たわしでゴシゴシするとこれまた面白いように取れた。クレンザーと泥を水で洗い流した後のきれいさと言ったら。もっと早くやっておけば良かったよ。金たわし最強!

 ⑨失敗したのはシンク。クエン酸液を浸み込ませたティッシュでコーティングして水垢を取ろうとしたが、取れないばかりかステンレスが白濁してしまった。あわててアルカリ系で中和したがどうにもならなかった。ネットで調べても分からず諦めた。もう一つ浴室の鏡もクエン酸でラップ磨きしたが水垢が取れないので諦めて外した。

 

                    クリーニング費用合計:¥15000

 

    リフォーム・クリーニング総合計:¥325182

 

これを全部業者に頼んだ場合、リフォームは80万円、クリーニングは20万円になるから、頑張った自分、エライ!

 

 

 

次回はいよいよ売却編へ。不動産会社の選び方、付き合い方を書きます。

2020年12月中には売買契約まで持ち込みたいと思っているので、次回は売れた後

になるでしょう。 (希望(*´ω`*))   

    

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

性的虐待を理由にした戸籍名変更、日本で4例目の人は即日許可された!

家族からの性虐待の被害者は、加害者と同じ家族の名前を使いたくない

f:id:yagawafuyu:20201026124241j:plain

 

 

このことはずっとずっと被害者たちから言われてきて、でも裁判所は全然認めてくれなかった。

そこで、仕方がないので通称名を使用してしのいでいた被害者は多かった。

  

日本で1例目は穂積純さん、2例目は私こと矢川冬、3例目はAさんでした。 

yagawafuyu.hatenablog.com

 

yagawafuyu.hatenablog.com

 

 

日本で4例目の人は、なんと即日で審判が降りました! 

なぜ、そんなに早かったのか、ゆっくりひも解いてみたいと思います。裁判所に足を運んだり、電話をしたりは一切なかったそうです。

 

今回の人は、親子です。娘を学生Bさんとします。実父からの性虐待被害者で学生の娘Bさんを、自分の家族から被害にあっていた母親Cさんが強力にサポートしての快挙でした。

 

恐怖心は長く残る

娘Bさんは今でも父親にひどい恐怖心を抱いており、今回ブログで紹介しても良いかという私の申し出に対して、父親に知られるのが怖いから学生とだけにしてほしいと母親Cさんを通じてコメントをいただきました。Bさんの意向に沿うために詳細は省いて記述しております。分かりにくい部分はご容赦下さい。

 

その恐怖心はよくわかります。今こんなブログを書いたり、本を出版している私でさえ、40歳近くなっても殺されるという恐怖心にさいなまれていました。

今はもうすっかり消えましたよ。槍でも鉄砲でも持ってこい!という感じです。死ぬのがちっとも怖くない。

 

したがって、虐待の内容や地域や詳しい事情は書けませんが、今回とても重要な事柄が判明したので、貴重な成功例になりました!

 

とても重要なことです。あとで記します。

 

 

裁判所ではできるだけ安心感を与えるようにすべきだと思っていた私

先の3名(穂積純さん、矢川冬、Aさん)はいずれも高学歴、まずまずの安定した収入があり、戸籍名を変更することでさらに良い状況になる人だと、3人ともが裁判所に訴えていました。

 

精神科に通ったり、生活保護を受給している人たちは、何人も何度も申請しても却下になるか取り下げを迫られました。その圧力に負けてしまう人もいました。

 

誤解をされると怖いのですが、高学歴、安定した収入をひけらかしているのではありませんよ。裁判所は不安定な人に厳しいのではないかという、根拠のない思惑を私が持っただけのことでした。

 

社会がそうだから、きっと裁判所もそうなのだ。裁判官になる人は裕福な家庭に育ち十分勉強させてもらい、一生の地位と収入を確保されている人びとです。精神を病み、明日をも知れぬ人間のことをどこまで理解できるのか、信用していませんでした。

 

私の裁判所の捉え方は正しかったのか?

だから、私は裁判所に出かけるときは虚勢を張っていました。上申書にはほころびだらけの自分を赤裸々に描いて提出しましたが、現実に顔を合わせる私はごく普通の中年女性にすぎません。40代のそのころは、安心感を人に抱かせるような風貌を保つべく、せっせと擬態に努力していた時期でもありました。

 

精神科に通っても、生活保護を受けていても、大丈夫!

私が、今回重要な発見だと思ったことはこれです。

 

Cさんは障害者手帳を持ち生活保護を受給しています。生活は障害者支援から担当者が付き、そちらの関係はすべて通称名が許可された。支援課の担当者はCさんが相談する内容を記録していたので、外部機関としての証拠文書となった。

 

Bさん、Cさんが氏名変更審判に成功するまでの経過

f:id:yagawafuyu:20201025164532p:plain

 

娘Bさんから事実を告げられてから、母Cさんの1年半に及ぶ闘いが始まった。自身も倒れるなどの不調を抱えながらも薬を飲みつつBさんを守るべく耐えた。Bさんの名前を変えたいという願いを叶えることがBさんの壊れかけた心を救うことだと感じた母Cさんはいろいろ情報を集め、その中に私のブログへの連絡もあった。

離婚し、役所のさまざまの機関、児童相談所、学校の協力を得るべく奔走した。大きいのは父親から示談書を取ったことでしょうか。

協力を仰いだ第三者は、行政の障害援助の担当者、校長、担任、児童相談所の弁護士、主治医の弁護士、他にも多数。とにかく協力してくれる人や機関にはコンタクトしたそうです。

 

上申書はCさんがBさんの話を聞とり書いていった。Bさんが自身で書くことはフラッシュバックを呼び起こし危険だったから、Bさんの負担を最大限考慮していたそうです。とても長いものだったが、Cさんの聞き書きの途中にときどきCさんの思いが走り、主語がBさんなのかCさんなのか分からなくなる部分があったので、そこは私から指摘させてもらった。

全体的にBさんの戸惑い、恐怖、怒りがきちんと伝わってきた良い文章で、Aさんのアドバイス通りに具体的に記述してあったから分かりやすかった。これなら、裁判官にも伝わるだろうと思った。

その後も学校の担任や校長、主治医の弁護士、児相の弁護士などに見てもらい完成したそうです。

私が嬉しかったのは、学校の対応でした。校長はじめ、担任が変わってもきちんと引き継いでBさんをケアしてくれていました。学校での通称名使用も許してくれました。

 そして、もっと嬉しかったのは、母Cさんが父親と離婚して示談書を取り、氏を変えるまでして娘を守ろうとしたことでした。性虐待の場合、多くの母親は父親を守り娘を敵にします。私の家も性被害者の私が見捨てられた。

 

Cさんは多くの母親たちに自分の経験を参考にしてもらいたい。個人的になら相談に乗りますと言っています。娘への性虐待で悩んでいて、同じ母親の意見が聞きたいと思われるお母さんがいたらこのブログに連絡下さい。

今回、筆頭者がCさんだった為に、Cさんも一緒に氏を変えることになりました。

 

 

 

保険証に通称名が使えるようになる場合のこと

ここで、保険証に通称名を許可されたことの落とし穴があります。生活に支障がないのなら、現状のまま通称名でいいのではないかと裁判所に言われてしまうのです。あえて、裁判で戸籍名を変える必要がないのではということです。実際そういう文言で取り下げを強要された形で取り下げた人もいました。

前のブログで私が4例目になりそうだと記述したハルヤさんは、そういわれて取り下げてしまいました。私がもう少し強くサポートしていたらと悔やまれます。鬱時期に裁判所から取り下げ圧力がかかると耐えられません。

でも、取り下げたとしても、気力さえあれば何度でも申し立てることはできます。逆に保険証に通称名を使えることで生活と心が安定したのなら、もうそのままでいいのです。自分の心の平安が一番大事。

 

しかし、どうやら、最近の潮流は「虐待による戸籍名変更は許可するのが妥当」という方へ流れているようです。だから、許可を出したくない裁判所は、受け付けないか、取り下げを強要するのではないでしょうか。

 

 

戸籍名変更は生きるために必要だ

 保険証が通称名で生活に支障がないからあえて戸籍名を変える必要がないのではと問われたCさんは、Bさんに尋ねました。Bさんの答えは「生きるために必要」というものでした。戸籍名を加害者と別にすることは「生きるために他ならない」と、Cさんも納得したそうです。

 

 裁判費用内訳

裁判費用を掲げておきます。

自分で裁判所に出向く場合は、申し立て用収入印紙代800円だけで済みます。私はこれだけで済みました。

 

郵送で申立書を裁判所に郵送などするといろいろな費用により、B、Cさんの場合は、合計で4900円かかりました。

児童相談所の弁護士とCさんの主治医の弁護士は無料で対応してくれたそうです。

 

弁護士によって見解の相違がある

ちなみに、この二人の弁護士の見解は全く違ったようです。

児童相談所の顧問弁護士は「裁判で許可されるのは難しい」との意見。

主治医の顧問弁護士は「やるしかないでしょう」という意見だったそうです。

同じ資料を読んでの専門家の見解が分かれることもある良い例ですね。

皆さんは、一人の弁護士の意見だけで諦めないほうがよいということです。

 

 

Bさん、Cさん、まずはおめでとう!!💐💐💐

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村

 

家族から虐待された経験者の実相と後遺症を知ってほしい。

f:id:yagawafuyu:20200924200329j:plain

心のまんなか

 

虐待を受けた人の心の中と後遺症について 

 

被害者像は一様ではない

虐待を受けるともちろん何らかのダメージはあるのだが、虐待の状況や家族の関係性や本人の資質などが絡んで、被害者の状況はみなそれぞれ違う。

ここに、同じ被害者ですらなぜ分からないの?だったり、近親憎悪みたいなものが出てきたりしてしまう下地がある。

 

特に性虐待は心と体の機能を破壊する

特に性虐待は、感情を抑圧させ、性にまつわるセルフコントロール機能を破壊する。未発達な幼い体に性の刺激を与え続けられると、性機能が壊れてしまうから、被害者の体は被害者のものでなくなって暴走を始める。

これが、一番の苦しみだった。自分の体の中で何が起こっていて、どうやったら感情と思考を統一できるのか、術が分からない。

 

私特有の症状は人に触られると怒りの発作が起きるというもの。多分これは死ぬまで続く。

 

50年もたって、やっとメカニズムが飲み込めたときはすでに遅かった。

 

若い人たちには私のようになってほしくない。早く治療を始めて早く自分の心と体を自分の手に取り戻してほしい。

 

 

被虐待体験のない人の想像力に訴えたい

経験のない人に理解してもらいたいと話すことはもっと難しい。反応によっては深く傷つくからだ。それが怖くて語るのを諦める被害者は多い。必然的に被害自体が語られずに沈黙の闇のなかに埋もれてしまう。

 

治療もなく慰謝料もなく、生きにくさと苦しみだけが残る。

 

すると、さらに世の中に知られず理解は進まず、被害者の行き場(生き場)は失われる。

 

社会に知ってもらう活動はやれることをやればいい

そんな社会を壊すんだという思いの被害者がいっぱいいる。特に若い人たちは偉い。

だから、私も沈黙を破ることにした。けれど、いろいろな事情から人前に出られないから限定的な活動かもしれない。

いいんだ、やれることをやればいいんだと、自分に言い聞かせている。

 

 

それでも、これ分かる!という言葉があります

私は、自分の奥深くの感性を表現するのがとても苦手だ。心の機微を繊細に語っている人のブログを読むにつれ、よく書けているなあと感心することが多い。今回はその中のひとり、渡橋(おりはし)さんのブログを紹介したい。

 

心の奥を語れない私が選んだ代弁者です。

 

家族からの虐待を受けるとどうなるのかという、深い心の底をのぞけるかもしれませんよ。

ortensia.hatenablog.com

 

 

 本や映画でどうして作者はこんなに被害者の心が分かるのかと驚く小説もあります

知っている方は多いと思うが、

 

その一つが、天童荒太の「永遠の仔」上下。優希の感情の一つ一つが生々しい。子どもの頃のどうにもならない行き止まり感が迫ってくる。

 

もう一つが、東野圭吾の「白夜行」。ちょうどティーバーで第1話からリバイバル放映しているので観ていない人はぜひ観てください。。。ところが、今日は第5話に飛んでしまったみたい、残念。加害親を殺すのは必然だった

 

 

被害者は加害者を許す必要なんかない、と語りかけてくれる人を大切にしたい

虐待や性暴力など、語りにくいがために被害を受けた人が非難されがちなこの日本。

なぜ、被害者に非があるように解釈されるのか、

被害者は加害者を許す必要なんかない、とあえて言わなければならないのか。

 

 

長年の疑問を研究する暇も頭もなかったせいで、放置していた。

 

文献を駆使してひも解いてくれる人がいた。感謝します

小難しい理論がとんと頭に入らなくなって久しい。こんな私にも分かるようにひも解いてくれているブログがあるので紹介したい。

 

echo168さんのブログだ。詳しくは言わないが具体的にとてもお世話になった。今回言及するにあたり快く承諾をしてくださったので嬉しい。ストーカーや自己愛性人格障害の記述は圧巻の勢いがありますよ。

echo168.hatenablog.com

 

 

 

近況報告

今年は月1回のブログ更新しかできませんでした

理由は、

自宅引っ越し

マンションは管理費が高~い(T_T)。

そこで、

今年自宅からシェルターへ引っ越しを予定していて、少しずつ荷物を運び少しずつ掃除をし、少しずつ整備をしていた。そしてついに8月引っ越し完了!

この件は11月のブログで詳しく書きます。

 

スマホ引っ越し

スマホ代が高~い(T_T)。

そこで、

安いスマホ環境を1年をかけて探していました。そして解約料無料になる2か月が今年到来!

9月にスマホを引っ越し、パソコン用のWIFIも契約。この件も11月のブログで公表します。どけち節約教教祖の私の華麗なる節約テクニックを教えますよ。こうご期待!

 

自宅マンション売却とセルフリフォーム

この件も11月か12月のブログで書きます。なかなか、タフな内容になる予定です。こうご期待!

 

そういうわけで、住所変更とスマホ変更と自宅売却と自分でやるリフォームが同時進行してしまい、ブログを書くキャパが残っていません。来年はもう少しブログ更新を増やしたいと思っていますが。。

 

私は上記の精神症状を抱えていても、社会経済活動ができる。これが不思議。

 症状に苦しむ私、うつうつと動かない私、計画を練って経済を回す私、本当はもっと出したいが捕まらないギリギリで車をすっ飛ばしている私、はそれぞれ人格が一瞬にして入れ替わっている気がする。だから、生きていられるのかもしれない。

 

自家感作性湿疹が再発

両方の足首から赤いポツポツが出始めて少しずつ上へあがっている。

やはり、キャパシティーをオーバーして活動しているせいだろう。私の免疫機能はすぐに弱音を吐く。心はそれを感知できないで頑張り続ける。

 

 

戸籍名変更4例目の人について

あ、そうそう。日本で性虐待を事由にした戸籍名変更成功者が9月にでました!!

その件は優先的に10月のブログで特集します。良く頑張った~。(´▽`*)

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

トイレットペーパーで性教育、クラウドファンディングが8月29日にサクセスしました!

 

幼いこどもに性的な自尊心が育っていたら、被害は未然に防げるかもしれない

 

f:id:yagawafuyu:20200826003016j:plain

 

 

 

自分の心と体を自身で守ることを教えてもらっていたなら、私の人生は違っていた。もっと自分を大事に感じたし、なにかをしてくる人間には毅然と対処できたはず。

フランスのこどもはとても哲学的に話をする。親や社会が人としての自尊心を教えるからだ。

 

 

5歳からの性教育を全てのこどもに!

日本でも、遅ればせながら動きが出ている。面白い活動に心が弾みます!

 

トイレットペーパーに描いた漫画で誰にでも性の話が読めるように、というクラウドファンディングが始まっている。8月29日までとのこと。私も参加したので、詳しくお知らせして協力者を募りたいと思います。

 

 

 

まずは下のリンクをお読みください。そして、賛同くださるならぜひパトロンになってください。

※さらに、あと3日しかありませんが、ご自身のブログやSNSなどで拡散して頂けたら嬉しいです。

 

f:id:yagawafuyu:20200826003921p:plain

      

5歳からの性教育を全てのこどもに! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 

        

8月19日にスタートし8月29日に500万円をサクセスしたそうです。

 

10日で500万円? トイレットペーパーが1個500円?

って、無謀じゃないかなあと思っていたが、とりあえず応援した。

 

今回がだめなら、金額設定し直して再チャレンジしたらいいと思っていた。

 

ところが、

 主催者の鶴田七瀬さんのツイートを読んで、彼女の真意が分かりガツーン

頭をたたかれた気持ちだった。(T_T)

 

鶴田さんは、私が思ったように300万円ならすぐコンプリート出来ると思ったらしい。けれど、それでは今まで応援してくれた人以外に支援者が広がらない。

今回無理を承知で10日で500万円集めるという暴挙ともいえるファンドを立ち上げたのには、インパクトを持たせることで今までの支援者にも危機感を持ってもらい、このファンディングを広げたいという意思があったそうだ。そして、コンプリートしてしまった!

 

なるほど~、

若い感性はすごいものだなあ、と感心したし、目からうろこで、常識にとらわれていた自分が恥ずかしい。

普通とか常識とかくそくらえと思って生きてきたはずなのに、いつしかつまらない大人になってしまっていた。

 

とても反省したのでした。

まずはコンプリートおめでとうございます。

私はトイレットペーパーとガイドブックとステッカーを注文したので、12月に届くのを楽しみにしています。♡

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村